元理系女が楽に生きるための模索

「楽するために苦労する」のはやぶさかでない。

働く女性へ:アラサーの間に知っておきたかったこと

今年結婚して、自分や家族の今後の人生についてより具体的に考えることが増え、もっと早いうちに知っておきたかったことがいくつか見つかった。そこで、仕事をしているアラサーのすべての女性にとって、「独身の間でも」「結婚が決まったら」「子育てを考える際に」知っておいて・行動しておいて損はないこと、3点をまとめた。

 

私は仕事が大好きで、アラサーの間は仕事や趣味に没頭していた。いつか子供を育ててみたいなと思いつつも、漠然と自分の年齢や出産可能なのかどうかに不安をいだきながら、ちょこっと卵子の冷凍保存についてネットで調べてみたりしつつも、いざ結婚が決まるという機会まで具体的な行動は何もしていなかった。

しかし、結婚して初めて調べてみて新しく知ることや気づくことが多く、独身や結婚を意識した段階で「これを知って行動していれば」と少し後悔することがあった。それらの気付きをまとめてみたい。

いまバリバリ働いている、仕事や趣味を楽しんでいるアラサー女性が、今後少しでも楽に生きられるように、役立ててもらえれば幸いである。

 

独身の間でも:
アラサー以降の女性は、自分の女性特有の健康状態を把握しておくため検査をしよう

アラサーになり、気づけば婦人科系の病気が発覚する友人が増えたりする。そうでなくて、普通に健康に生活しているアラサー女性にとっても、いずれ誰かと出会い結婚して子供を育ててみたいと考えている人に関しては、そろそろ行動にうつしてほしいことがある。それは、自分がどれだけ妊娠しやすい体質なのか?を検査することだ。

卵子は自分が胎児の頃に作られたものが全てで、毎月の月経などでそれが減っていく。一般的に30歳をすぎると、卵子のエラー率があがり、さらに毎月卵巣で排卵準備をする卵子の数が少なくなる=妊娠確率が下がる。

健康に難が無いと思っている人でも、卵子の数が極端に少ない or 卵子の数は多いが排卵(生理)周期が遅い、などの「妊娠しにくさ」の理由が内在している可能性がある

自分の体内で毎月いくつ位の卵子が準備中なのかは、卵胞の超音波検査をしなければ分からない。結婚が決まっていなくても、レディースクリニックなどの「ブライダルチェック」など申し込めば検査が受けられる。

アラサーでバリバリ働いており結婚は未だ考えていないような人も、自分が卵子を消費しやすい体質かどうかを一度知っておくことで、例えば卵子が少ないタイプの人は冷凍保存を検討する卵子の数は問題ないが生理不順の人は漢方などで体質改善を始めるなど、その後の人生計画に役立つはずだ。

今後の人生について漠然と考えたり悩んだりする前に、まず現状を知ることが大事。

 

結婚が決まったら:
引越し先を考える際には、自治体の不妊治療・子育て支援状況・議会のホットトピックなどを把握しよう。

不妊治療の助成金

子供を育ててみたいアラサー女子にとって、不妊治療は特別なことではない。むしろ前述した超音波検査など、予め自分の状態を知る検査などは、当たり前にやっておくべきことである。

不妊治療には3ステップ有り、1=タイミング、2=体内受精、ときて3ステップ目=体外受精と段階を追っていく。1ステップ目のはじめに夫婦で一通りの検査をするだけでも、5万円〜10万円の費用がかかる。体外受精を検討する人は、さらに数十〜数百万円の費用がかかる。結婚が決まると引越しなど初期投資が色々必要になる中で、バカにはできない費用だ。

東京都の場合、3ステップ目=体外受精など特定の不妊治療に関わる費用については、所得制限はある(夫婦の合算の所得額が730万円まで)が、年間30万まで補助がでる。しかし、体外受精に進むまでのステップ1〜2の費用も、10万以上かかるものだが、ここは保証されない。

これについて、たとえば港区の場合、所得制限無く、年30万円まで・最大150万円の助成が出る。世田谷区は1回に10万円、最大100万円の助成だ。

参考:東京23区・市部の自治体ごとの不妊治療助成金 | 妊活ナビ.com  

一方、たとえば目黒区の場合、特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)への助成金は平成23年で打ち切られている。この少子化時代にまさかの舵切りだと思う。

このように、自治体により、どの層に手厚いサービスが有るかは大きく異なるのである。

子育て支援 - 待機児童数

まず考えたいのは、自治体ごとの待機児童数である。実際は最寄り駅などにより大きな違いが出るが、住みたい街がどのような状況であるか、マスの情報を把握しておくことは最初の一歩だ。

例えば東京都では、2016年度と2017年度で待機児童数がどう変化したかを発表している(都内の保育サービスの状況|東京都 )。どのような傾向があるのか、通勤に便利な区のうちどこがより待機児童数が少ないのかは、住居を考える際の参考になる。

具体的な市町村別の待機児童数はこちらのPDFを参照:http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/07/25/documents/07_03.pdf

子育て支援 - 医療費補助

たとえば東京都の場合、子供が生まれてから中学生になるまでは医療費が無料になる。さらに千代田区などは、高校生まで医療費が無料。一方、たとえば横浜市の場合、医療費無料になるのは小学校1年生まで(入院は中学校3年生まで)、などと大きく異なる。自治体によっては所得制限を設けている場合もある。

子育て支援 - 給食かお弁当か

 給食実施率が自治体によって大きく異なっている。自治体が給食を提供しないということは、毎日お弁当を作る必要があるということだ。

例えば公立中学校に関して、東京23区の給食実施率は100%だが、横浜市の給食実施率はなんと0%。2016年になってようやく「ハマ弁」なる申込制の弁当配布制度が始まったくらいだ。最近は大磯町の給食問題が話題になっているが、そもそも大磯町も2016年1月から給食を提供し始めたということだ。(なお大磯町の問題についてはフミコフミオさんの考察が詳しい:元給食営業マンが話題の「マズい」学校給食を考察してみた。 - Everything you've ever Dreamed

 

このように、子育て支援も、0歳の赤ちゃんから中高生まで考えると、自治体により様々な差がある。結婚が決まってまず子育てについて考えるのは、保育園のことだろうが、数年内に家やマンションを購入して定住を考える人は、子供が成長するまでのことも念頭に置いておく必要がある。

他にも様々な比較項目があるので、自分で調査したりこちらを参照してほしい:

hokensc.jp

・議会や地域のホットトピック

その他、議会でどのような議題が出されているのか、その年の予算が新たに何にまわされて、何を削減されているのか、出来る限り調べてみると、傾向が見えてくる。保育園への反対運動のニュースだって重要な要素だ。

その自治体が老人層に手厚いのか、子育て層に手厚いのか、お金持ちに優しいのか、引越しを検討する前におおまかな傾向を把握しておくことは、住んでみて「こんなはずじゃなかった」となる後悔を防ぐことになる。

 

子育てを考える際に:
早めに保育園に預けて働きたい人は、4月〜11月の間に子供を産むと翌年4月の保育園に入りやすいことを知っておこう

ほとんどの保育園は、生後「0歳57日」または「0歳4ヶ月」からの受け入れに限られる。すなわち、12月〜3月に生まれた子供はその年の4月に入園できる保育園の数が限られる。いまの保育園不足の世の中では、基本的に4月入園を逃すと、その後の年度途中で入園できる可能性は限りなくゼロに近い(各保育園で0~1人といったところ)。

子供は授かりものなので、産む時期をコントロールするなんてことは現実的にはなかなかできない。しかし、生まれてから調べて初めて知るよりは、あらかじめ「知っておくこと」で予めの心の準備ができる。

 

 

以上、この数ヶ月で気づいた、思いつくものをまとめた。また新しい気付きが得られたら、適宜追加していきたい。

インデックス投資を約8ヶ月間運用した結果

前回のブログから半年経過してしまった。その間は色々あって結婚したり、やりたくないのを我慢して結婚式を挙げたりとドタバタしていた。そのあたりは余裕ができたら記事にまとめられればと思う。

さて、忙しさのあまり、放置しまくって何もせずにいた、投資の経過を記しておく。

経済ニュースを常に追いかけていられるほどのモチベーションは無い私だが、6月に入ってから日経平均が2万円を越えたり越えなかったりというニュースがあったので、久しぶりにSBI証券の口座にログインしてみた。

なお何をやっていたかというと、2016年10月に、山崎元氏の「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」の本を教科書として、貯金を投資に回すことにした。具体的には、資産を、日本株と海外株に半分ずつ、インデックス投資を行った。詳しくは前回の記事を参照して欲しい。

motorikejo.hatenablog.com

 

さて、資産をインデックス投資にまわして約8ヶ月間経った、2017年6月上旬現在の資産状況がこちらである。

続きを読む

年末の駆け込みNISA枠に選ぶ投資信託を考える

おっかなびっくり投資信託を始めて約3ヶ月。前回は約80万円をNISA投資にまわした。

NISAの投資額は、2016年は年間120万円まで。ということで、NISA枠にあと40万円分投資して最大限使い切るためには、どの投資信託が良いか、検討した。

なおNISAは、1月1日〜12月31日までが2016年分となるが、注意したいのは「受渡日」が基準となるということ。
ということで、今日時点で証券会社に発注したとして、受け渡しは来年になるので、これは2017年度のNISA枠の扱いとなってしまう。

 

ひとまず先日と同じく山崎元氏の「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」に従って、同じインデックスファンドを買うのでも良いが、成功したり失敗したりと投資に慣れるために、保有する信託のダイバーシティを豊かに、別の信託も購入を検討したい。

そこで参考にしたいのがこちらのランキング。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015

その名の通り、投資信託をブログで行っているブロガーの皆様からの評価を集めたランキングだ。結果はこちらの通り。

  1. ニッセイ外国株式インデックスファンド(外国株)
  2. 三井住友・DC全世界株式インデックスファンド(外国株)
  3. バンガード・トータル・ワールド ストックETF(VT)(ETF
  4. セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(バランス)
  5. ひふみ投信日本株
  6. eMAXISバランス(8資産均等型)(バランス)
  7. 結い2101 (日本株
  8. 世界経済インデックスファンド(バランス)
  9. ひふみプラス(日本株
  10. iシェアーズ MSCI 日本株最小分散ETF日本株ETF

ちなみにランキングに掲載されている商品は、順位の変動はあるものの昨年の「Fund of the Year 2014」とおおよそラインナップがかぶっている。

従ってこれらのファンドや信託に対する評価や理解の仕方については、2014年版に関して山崎元氏の書かれた記事も参考にした。山崎氏はこの記事の中で、『自分で買うなら「バンガードのVT」』と言い切っている。

diamond.jp

バンガードのEFTについて、ちょっと勉強してみようかな。

 

…とここまで書いて、この記事を下書き保存しておいてから後、私は仕事に遊びにあくせくしていて申込を忘れてたので、残念ながら今回は検討しただけで購入はしていない。

ということで、結果的にこの記事は「追加で投資するなら何の信託にしようかな」という内容でいったん終了だ。肩透かしな内容だが、私個人の投資に対する一歩の記録としては意味をなしているので公開してしまおう。

 

来年そうそうにも、また2016年度の「Fund of the Year」が発表されるだろうから、2017年度はこちらのラインナップも参考に、投資を検討したい。

「お金の増やし方」本の教えに従い、2ヶ月運用してみた結果

前回の記事からおよそ2ヶ月。お金や投資に関する知識がないので山崎元氏の「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」の本に書かれてあることを忠実に実行してみた、その結果を報告する。 

motorikejo.hatenablog.com

書籍の内容に従い私が実施したことを簡単にまとめると、以下の事項を実施した。

  1. 自分の今の貯金を「当面の生活費」「減ってほしくない安全資産」「リスク運用資産」に分割
  2. SBI証券に口座を開設し、NISA口座を開く(=年間120万円までの投資が非課税)
  3. 「リスク運用資産」で投資信託を購入。総額のうち、
    半分を「上場インデックスファンドTOPIX(1308)
    半分を「ニッセイ外国株式インデックスファンド」へ投資。
  4. 会社で入っていた確定拠出年金の枠をフル活用し、
    リスク高めの外国株式のインデックスファンドへの投資割合を増やす
  5. ほったらかす(←今ここ)
  6. 安全資産で個人向け国債「変動10年型」を買う(未実施)
続きを読む

漠然とした不安は、行動することで解消したい

これまでの人生ずっと、自分の興味が理系的な分野に偏りすぎていて、経済とか投資とかを考えるのが苦手だというコンプレックスを持ち続けてた。

さて、先日からはてなを賑わせた、子育てしながら生きるための適正年収を試算した記事。

www.sekkachi.com

こういうのを読むと、自分の将来はどうなるんだろう、老後へはどれくらい安心を蓄えておかないといけないんだろうか、と、クリアでない、計算できない将来に対するもやもやが、ゆらゆらと頭の中を漂いはじめる。 

できれば人生において悩む時間は最小化し、何事もいったんの結論を出して頭のリソースを解放しておきたい自分ではあるが、将来が計算できないのは、もうしょうがないこと。

なので、少しでも何か心を落ち着けたいと、山崎元氏の「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」の本を読み始めた。Kindleはこういうとき、ポチッと買って一瞬で書籍を読み始められるので良い。

続きを読む

参加して感じた、はてなのユーザとコミュニティの変質

ブログの所信表明記事でも記載したが、自分は、はてなアカウントを持たない read onlyのはてなユーザを約10年続けてきた。そんな自分がこのたび、はてなブックマークやブログのアカウントを開設して、改めて感じたことがいくつかあるのでそれを記す。

motorikejo.hatenablog.com

 

続きを読む

元理系女子がはてなブログを記そうと思った経緯

学生時代から10年来のはてなユーザーだった。

これまで、はてなのアカウントは作らず、ただただ、人力検索はてなブックマークのホットエントリを見るばかりの、「はてなを消費するユーザー」だったが、このたび一念発起してアカウントを登録し、ブクマを使い、ブログを書き始める、「はてなで文字を生産するユーザ」になろうと思う。

理由は主に3つ。

続きを読む