読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多様性の澱

元理系女子の嗜好の偏りの記録

年末の駆け込みNISA枠に選ぶ投資信託を考える

おっかなびっくり投資信託を始めて約3ヶ月。前回は約80万円をNISA投資にまわした。

NISAの投資額は、2016年は年間120万円まで。ということで、NISA枠にあと40万円分投資して最大限使い切るためには、どの投資信託が良いか、検討した。

なおNISAは、1月1日〜12月31日までが2016年分となるが、注意したいのは「受渡日」が基準となるということ。
ということで、今日時点で証券会社に発注したとして、受け渡しは来年になるので、これは2017年度のNISA枠の扱いとなってしまう。

 

ひとまず先日と同じく山崎元氏の「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」に従って、同じインデックスファンドを買うのでも良いが、成功したり失敗したりと投資に慣れるために、保有する信託のダイバーシティを豊かに、別の信託も購入を検討したい。

そこで参考にしたいのがこちらのランキング。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015

その名の通り、投資信託をブログで行っているブロガーの皆様からの評価を集めたランキングだ。結果はこちらの通り。

  1. ニッセイ外国株式インデックスファンド(外国株)
  2. 三井住友・DC全世界株式インデックスファンド(外国株)
  3. バンガード・トータル・ワールド ストックETF(VT)(ETF
  4. セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(バランス)
  5. ひふみ投信日本株
  6. eMAXISバランス(8資産均等型)(バランス)
  7. 結い2101 (日本株
  8. 世界経済インデックスファンド(バランス)
  9. ひふみプラス(日本株
  10. iシェアーズ MSCI 日本株最小分散ETF日本株ETF

ちなみにランキングに掲載されている商品は、順位の変動はあるものの昨年の「Fund of the Year 2014」とおおよそラインナップがかぶっている。

従ってこれらのファンドや信託に対する評価や理解の仕方については、2014年版に関して山崎元氏の書かれた記事も参考にした。山崎氏はこの記事の中で、『自分で買うなら「バンガードのVT」』と言い切っている。

diamond.jp

バンガードのEFTについて、ちょっと勉強してみようかな。

 

…とここまで書いて、この記事を下書き保存しておいてから後、私は仕事に遊びにあくせくしていて申込を忘れてたので、残念ながら今回は検討しただけで購入はしていない。

ということで、結果的にこの記事は「追加で投資するなら何の信託にしようかな」という内容でいったん終了だ。肩透かしな内容だが、私個人の投資に対する一歩の記録としては意味をなしているので公開してしまおう。

 

来年そうそうにも、また2016年度の「Fund of the Year」が発表されるだろうから、2017年度はこちらのラインナップも参考に、投資を検討したい。